宴テーマ館(5号館)

  1. ホーム
  2. 会場情報
  3. 宴テーマ館(5号館)
日本の祭りと和食文化が織りなす宴

ここではユネスコ無形文化遺産にも登録を果たし、今や世界でも人気の「和食」を来場者の皆様に体感して頂きます。豊かな四季がもたらす自然に寄り添って生きてきた日本人の精神を見つめ直し、和食という素晴らしい食文化を再発見する機会を提供いたします。

大迫力の東北3大祭りがやってくる

東北の3大祭り、青森ねぶた、秋田竿燈まつり、仙台七夕まつりが食博会場に再現!特に、青森ねぶたの展示(第五代名人 千葉作龍氏作【天慶の新皇 平将門】)の迫力を感じてください。

伝統の和食を味わえる「宴茶房」

現在も地域に受け継がれている祭り寿司などを実際に食べることができる「和食と祭り」をテーマにしたレストランです。

うま味バーで和食の基本を!

和食において重要な要素である「うま味」を和食を様々な角度で伝える講師陣を交えながら試飲体験ができます。(講師は開催日によって異なります)

うま味バーの講師のご紹介

  • 江原 絢子(えはら あやこ)

    江原 絢子(えはら あやこ)

    出演日:5月3日

    お茶の水女子大学卒業。博士(教育学・名古屋大学)。東京家政学院大学教授を経て、現在、同大学名誉教授・客員教授。(一社)和食文化国民会議理事・副会長。
    主な著書は、『家庭料理の近代』(単著)。

    出演時間等の詳細は会場でご確認ください。

  • 奥村 彪生(おくむら あやお)

    奥村 彪生(おくむら あやお)

    出演日:4月28・29日、5月2・3日・6日・7日

    伝承料理研究家。奥村彪生料理スタジオ『道楽亭』主宰。
    奈良、飛鳥時代から現代までの様々な料理を復元。世界の伝統料理にも詳しい。
    平成13年度和歌山県文化功労賞受賞。
    現在、大阪市立大学大学院非常勤講師。

    出演時間等の詳細は会場でご確認ください。

  • ミソガール 藤本智子(ふじもと ともこ)

    ミソガール 藤本 智子(ふじもと ともこ)

    出演日:4月30日、5月1日

    2011年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。「フード・アクション・ニッポンアワード2015食文化・普及啓発部門最優秀賞」受賞。「東久邇宮文化褒賞」受章、「東久邇宮記念賞」受賞。

    出演時間等の詳細は会場でご確認ください。

呈茶席で日本の心に触れよう

食博覧会には、欠かすことのできない「裏千家 呈茶席」を、今回も宴テーマ館に設置いたします。
雰囲気のある野点傘と赤毛氈敷きの床几でゆっくりお茶を楽しんでいただけます。日本庭園の趣を感じさせる落ち着いた雰囲気の空間で、裏千家より抹茶とお菓子を野点方式で振る舞い、心やすらぐひとときを提供いたします。

料理コンクールでプロの技を実感

第1回から続く食博の心とも言える催しが、今回も荘厳な雰囲気で開催します。素晴らしい日本料理の技競演を体感していただきます。